ほどよい距離感。

distance
先日、ある方が
長続きの秘訣として
“ほどよい距離感”を保つ
ことを心がけている
とおっしゃられていました。


シゴトや取組みなどで
とても共感したり
情感が湧くと つい踏み込んで 自身の時間や体力を すべて差し出し 献身的にチカラになりたいと 想ってしまいがちですが そんなときこそ 俯瞰の目をもって ほどよい距離感を見極め それを保つようにするのだとか。 距離感や時間に 区切りがあるからこそ 共にした時間は とても高い集中力で 全力を発揮することができ 互いの存在やご縁に 感謝し続けることが できるのだそう。 距離感が近いことだけが 優位ではなく 疲弊せず
楽しく心地よく 関わっていく関係。 もし今すこし 行き詰まっていたり ココロが窮屈だったら “距離感”を 見直してみるのも よいかもしれません^^ きょうものぞいてくださって ありがとうございます。 ご縁に感謝をこめて。

 

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

小道へ寄り道