basil バジル 10月15日

バジル 10月15日
10月15日の誕生花
“バジル”
Basil(Basilico)は
ギリシャ語“バシレウス”
という「王」を意味するコトバが
その由来だそうです。 まさにハーブの王様。 さわやかな香りで イタリア料理やフランス料理には かかせないハーブのひとつ。 その香りには殺菌作用消化促進作用もあるそうで 古来から薬草としても 利用されてきたそうです。 原産地はインドや 熱帯アジアといわれ 日本には江戸時代のころに 入ってきたようです^^ シソ科・メボウキ属の多年草。 がたしかにシソと似ていますね^^ シソと同様に繁殖率も高いうえに
交雑することも多く
なんと世界には
150種ほどの
バジルがあるそう。 日本ではパスタやピザなどでも 多用されている、ほのかな甘みの “スィートバジル”が ポピュラーかもしれませんが 柑橘系の香りがする“レモンバジル”や ガパオライスなどに利用される フルーティですこしお香のような 香りがする“
ホーリーバジル” シナモンのような香りがする “シナモンバジル”など 香り×料理でバリエーションも 多種多楽^^ ちなみに“穂シソ”と同様に “バジルの花”も食用・薬味として 楽しめます^^ 花言葉は 神聖・好意のほか “なんという幸運!” という意味もあるのだそう。 花言葉とともに テーブルに料理を運べば ラッキー指数もあがりそうです笑 今日ものぞいてくださって ありがとうございます。 寒暖差のある日和のようですので どうぞご自愛ください。 感謝をこめて。
 

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

Tokyo Tower 竣工 

次の記事

孤独を感じたら。