九里四里より うまい十三里

九里四里よりうまい十三里
秋の味覚のなかでも
特にスイーツ好きが
ざわつき ときめく
栗やサツマイモ。

モンブランや焼き芋など
行列のできるお店から
お取り寄せ系まで
SNSやメディアでも 日々多数アップされていますね。 以前、新聞の農業コラムを
担当されていた大先輩が サツマイモの話題になると よく 「九里四里より うまい十三里だからな」 とつぶやいていらっしゃいました。 夏~初秋にかけて収穫された サツマイモは、収穫直後は デンプン質が豊富ですが 貯蔵(キュアリング)期間を経て デンプンが糖化し甘味がグっと増し 一層おいしくなります。 サツマイモの食べ方として 根強い人気の“焼き芋”は 江戸時代のころに 京都で誕生したそうで 当時京都の焼き芋屋さんでは 看板に「八里半」と掲げていたのだそう。 「栗(九里)には少し及ばないけど美味しい」 という洒落で「八里半」にしたのだとか。 それが江戸にわたって さらに
「栗(九里)より(四里)うまい十三里」 (9+4=13)と洒落が盛られ
さらに広まったのだそうです。
またサツマイモの産地のひとつ 川越が江戸から十三里(約52km)
にあることから「十三里」と 呼ばれるようになったという説も^^
ということで10月13日は サツマイモの日だそうです^^ おいしいものを食べて ほっと一息つけたらいいですね! 今日ものぞいてくださって ありがとうございます。 感謝をこめて。
 

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

勇気とやる気 motivation

次の記事

Tokyo Tower 竣工