9月19日 名字(苗字)の日

田中さ~ん、太田さん・・等と
公の場などで何気なく呼び合う
名字(苗字)


今日9月19日は
“名字の日”だそうです^^
*ここでは常用漢字の
 「名」字で記します。

そのはじまりは
旧暦の明治3年9月19日
(1870年10月13日)に
国民の戸籍の整理や管理を目的に 「平民名字許可令」なるものが
発令されたことからだとか。 それまでは公家や武士だけが 名字を名乗ることが 許されていたそうですが 上記によりすべての方が 名字をもてるようになったそうです。 でも名字の取得が許された後も 「別に自分はいらないもんね」と いままで通りの名字無しで 生活される方も多かったそうです。 (なんだかマイナンバーの導入と  似ているような・・) その後、明治8年に 名字を名乗ることが

国民の義務となり すべての方が名字を 持つようになったそうです。 「名字」の由来は様々で 地名や職業、家系や風習などから
つけられたとされています。
一方で義務になった際に どんな名字にしたらよいか
わからなかったり悩んで方などは お寺や神社でつけてもらった
いう方もいらしたようです。 ちなみに2021年上期現在の
日本の名字ランキング *名字由来netさん参照 1位 佐藤さん 約186万人 2位 鈴木さん 約179万人 3位 田中さん 約133万人


珍しい名字の方などは
覚えてもらいやすかったり
それだけでお話の種にもなって

イイナなんて個人的には想います。
今日ものぞいてくださって ありがとうございます! 感謝をこめて。

 

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

秋のお彼岸って