飛びながら眠るつばめ 玄鳥去 

つばめさる
春に東南アジアなどから
海を越えてやってきた
渡り鳥 つばめ(玄鳥)。

3月頃 沖縄~九州に渡来し
気温の上昇にともなって
北上し 本州へ^^
カラスなどの外敵から
卵や身を守るため
家屋の軒下などに巣をつくり
産卵、子育てをし終え
9月~10月涼しくなってくると 日本を離れるのだそう。
離れる際は
また九州~沖縄を経て 海を越えて
温かい東南アジアなどへ。

その距離、なんと
2,000km~5,000km。
つばめは鳥のなかでも 水に浮かべないそうで なんと睡眠は飛びながら
飛びつづけながら 細切れで眠るのだそう。

そういえば
遠い昔 多忙を極め一度だけ歩きながら 眠ってしまったことがありました。
とても危険を感じたことは
云うまでもありません。笑
つばめ恐るべし。 9月17日~21日頃は 白露の末候 七十二候 「玄鳥去 つばめさる

つばめが去ることで
古来のかたは
秋の訪れ”を五感で
感じていらしたのかもしれません。

冬を南方で過ごした
つばめたちは 春になると
再び日本にやってくるそうです。
再渡再来再逢!

きょうものぞいてくださって ありがとうございます! 感謝をこめて。

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

立話 たちばなし