立話 たちばなし

立話
外出先からの帰路
地元の住宅街を歩いていたら
あるお宅の門に
風で飛ばぬようしっかりと
針金のようなものでくくられた
張り紙があって 思わず
立ち止まってしまいました。 A4サイズほどの白い厚紙に 太い黒の油性ペンで しっかりと でも やわらかく書かれた その文字はとても 人間味にあふれていました。 ---------------------- バラの思い出 を話して下さった方へ 先日は立話で失礼いたしました。 あらためてもう一度 お話をしませんか。 ---------------------- コロナ禍で トウキョウで 緊急事態宣言中で なんとなく自粛自粛で 遠慮と閉塞感ある日々で
でもそのメッセージは
SNSでもなく“張り紙”で
なんだか こころが ほわっとしました。 どんなかたが どんな表情で どんな立話を?^^ その対象となる方が
どうかこの道をまた通って あたたかな再会の時が
訪れますように。 そしてはやく マスクもせず 普通に立話ができる日が やってきますように。 きょうものぞいてくださって ありがとうございます。 感謝をこめて^^          

 

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ