ピクトグラム pictogram

スマホなどでよくみる
“アイコン”が
ユーザー向けに製作されているとしたら
“ピクトグラム”は
世界共通、言語を越えた
誰にでも伝わる視覚記号。

今回のオリンピックの開会式では
全競技のピクトグラムを
“3D・動くピクトグラム”として
パフォーマンスされていましたね^^+

ピクトグラムは
1964年の東京オリンピックの際に
世界中から訪れる方々に
言語に頼らずに
競技の種目やトイレ、食堂などの
施設を案内、理解をしていただこうと
日本国内のデザイナーさんたちが
ご尽力されつくられたものだそう。

そして、そのデザインは
社会に還元されるべきとされ
日本のみならず世界中へ発信され、
その後に開催されたオリンピックでも
各国がピクトグラムを採用、継承し
今日に至っているのだとか。

ちなみにピクトグラムには
JIS規格ピクト(日本工業規格)のほか
アメリカでつくられた
AIGAピクトグラム
(American Institute of Graphic Arts)
ISO規格ピクトグラム
(International Organization for Standardization)
非政府間国際機関の国際基準化機構で製作されたピクト
などがあり、今回の東京オリンピックでは
世界共通のISO規格が採用されているそうです。

同じトイレのピクトグラムでも
微妙に異なるから面白いですね。

●JIS規格
JIS

●AIGA
AIGA

●ISO
iso

一方で、多様性の今
そもそもこの2つ、この2色の
視覚記号だけでは・・・><。

ちなみに ポテンシィのWorld Reportで 以前ロンドン在住のhanakoさんが ユニセックスのトイレについて Reportしてくれました。 ロンドン・UKは エコやベジタリアン、多様性への 取組みなど日本よりも 先行しているようですのでご参考まで^^
「飲食店にも増加中!ユニセックスのトイレ」  ↑ クリックするとReportをご高覧いただけます ユニセックストイレ ピクトグラムも 多種多様性の時代へ。 なにげなく目にするピクトグラムも その建造物のオーナーや デザイナーさんの好みが 地味に表われていたりするので 日々利用している建物や交通網が どんなピクトグラムを用いているか チェックしてみるもの 面白いかもしれません♪ きょうものぞいてくださって ありがとうございます! 感謝をこめて。 参考 FUJITA Co.,Ltdさまサイトほか

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

次の記事

世界の30%が箸食文化