話をするとスッキリする

話をしてスッキリした
「弱音とか云えなくて。」
「みんなも がんばってるし。」
「自分だけ努力が足りないきがして。」
「この気持ちは伝わらないかなと想って。」
「相手の時間を奪っては悪いと想って。」
「いまは立場とか環境が違うし。」
「心配かけたくなくて」 


とか 想いがちな日々ですが
カウンセリングを通じて

「あー、話したらスッキリした。」
「話をきいてもらっただけで心が軽くなった」
「安全な環境だからはじめて話せたのかな。
 長い間のもやもやが消えたみたい」
 

とか、お言葉をいただきます。

お話をすること=「弱音をはく」と
想われる方がいらっしゃいますが
弱音って、ご本人の決めた
定義や領域みたいなもので
自他に厳しい方ほど
なかなか弱音をはけないようです。

弱音をはくことは
決してネガティブなものではなくて
小さな心の呼吸(心呼吸)
みたいな気がします。

心の呼吸をしたほうが
より長く、より心地よく
人生を歩めるかもしれません。
そう想うと上手に弱音をはいたり
相談することって
実はポジティブな行動なのかも。

お話する相手や場所を選んで
ぜひ心呼吸してください♪

想像以上に楽になるかもしれません^^


今日ものぞいてくださって
ありがとうございます。

投稿者プロフィール

あおきしほこ
<カウンセラー/ディレクター>
情報過多でスピードが早い昨今。自身を見失ってしまいそうになる日々。一番大切かもしれない“ココロ”のメンテナンスのお手伝いができたら幸せです^^そのヒトやその風土が保つ、オリジナルの魅力・原石を磨くお手伝いを生業に(株)ポテンシィ(https://potency.jp/)の代表もしています。★以下のYouTube▶のアイコンをクリックしていただくとポテンシィサイトをご高覧いただけます。

コメントはお気軽にどうぞ

前の記事

鳩 pigeon